就職を考える

大学に進学される方の将来の進路は様々な道が開かれています。専門とする学部の職業に限らず様々な進路に進む方が多く就職に融通が利くことが利点でしょう。短期大学ですと、先行していた学部の分野に特化した専門職か関連した一般職に就くことが多くなります。大学程には融通が利くとは言えませんが、選択の幅は在ると言えます。専門学校では前述の通り専門分野に特化した学習を主にやっていきますので、その後の就職の道も専門分野に特化したものとなることが多いようです。関連の深い職業に就くことが自身にとって有利になりますし、専門学校で学んだことを無駄にせずに済むでしょう。

このように自分がどの道へ進みたいのかがはっきりと決まっているのであれば、その道に特化した専門学校や短期大学に通い、まだ未知が決まっていない、若しくは研究等の大学特有の学習に興味があるという方は大学への進学を選ぶのが良いのではないでしょうか。とは言え、キャンパスライフなどの交流の為に大学に進むという方も多くいます。どの学校も長所はそれぞれありますのでどれかでなくてはならない、という事はありません。自分が何をしたいのか、という事を広い意味で考え進路を決めるのが良いのではないでしょうか。